日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
とりあえず系(60)
元気系(8)
いやし系(10)
恋愛系(178)
バカップル系(9)
子育て系(3)
ペット系(15)
グルメ系(16)
ダイエット系(5)
自慢系(3)
グチ系(17)
オシゴト系(17)
観察系(49)
旅行系(21)
釣り系(5)
映画系(6)
音楽系(13)
スポーツ系(17)
ゲーム系(3)
アニマン系(2)
ちとエエ話系(19)
今日の一句系(3)
ポエマー系(7)
小説系(1)
秘密系(7)
社会派系(41)
不幸系(32)
闘病系(9)
オトナ系(30)
ダラーごまかし...
ダラーごまかし...
ニコッあーあー
ダラー書き忘れ1...
フゥーどうにも...
ダラー眠い(´Q`)...
ェェェーリニュー...
ナヌッ招?竪
ニコッあら(^▽^;)
おひさまあら(^▽^;)
ダラー依存症?
ェェェーばか…
フゥーあっくん...
ナヌッへん…
ヒミツ食べすぎ
ダラー招?竪
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 めめんと・もり「あ・・(続き)」
JESUS
JESUSとりあえず系元気系いやし系恋愛系バカップル系子育て系ペット系
グルメ系ダイエット系自慢系グチ系オシゴト系観察系旅行系
釣り系映画系音楽系スポーツ系ゲーム系アニマン系ちとエエ話系
今日の一句系ポエマー系小説系秘密系社会派系不幸系闘病系
オトナ系
RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆46才 1971(昭和46)年11月3日(蠍座) B型 京都市近辺在住 会社員 年収 400万円以上 土日祝日休み 家族と同居 独身 長男 ◆離婚経験無し ◆子供無し 車有り お酒を飲める 喫煙しない 176cm /がっしり体型 / 黒髪 黒目 黒肌 タイガースファン ギャンブルしない作家QRコード
作家QR
 コード 
とりあえず
 
2018年10月
 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

→最初の日記
→全部で606日記

あ・・(続き)
「う・・ん・・イク・・」
彼女の指はピアニストのように僕の腹部の下で動いた。女のオナニーの指の動きは何度も見せてもらった事があるが、あの指さばきはどうしても男性にはできない。何度もまざまざと見た事もある、脳内にやきつけようとした。

クリを転がし、大陰口をなぞるようにすべらせる指使い。女性に快楽を与える為に僕がなんどとなく研究した。目の前で氷面を滑る二本の指の動きをもって快楽を与えられればと思ったあの動きだ。

やがて彼女は果てた。僕はまだ彼女の中に入ったままだ。
しばらく中に入ったまま抱き合った。
もう一度腰をゆっくりと前後させた。彼女が疼く。
あ・・あ・・
冷静に考える頭の中では、彼女の中の暖かさとこれが2人子供を産んだ膣の暖かさなのかと考えた。バカな発想だと思ってくれてもいい。
そこでどう思うかなど他人に指示される事もない。
前後に動かし、時に激しく「ずん」と突いた。
時間もないので彼女に「後ろから入れさせてくれ」と言った。
彼女の体を返し、尻を向けさせた。白い桃尻があらわになり固くなった僕の棒を秘部にねじ込んだ。
「ああ・・
彼女がまた嗚咽を漏らす。滑らかに彼女の腰はグラインドし、僕は彼女の尻を支えた。この女を一瞬でも愛せる、自分の支配下におき彼女は僕の棒で喘いでいる。この瞬間が快楽なのだ。



愛 す べ き 女 で も な い の だ け ど な 。


彼女の手をとってもっと腰を密着させる、激しく動かす。そろそろイクかなもっともっと動かす、動かす、動かす。彼女の乳房が揺れ恍惚とした表情は快楽に溺れていることを意味している。
「やぁん・・あん・・あんあんあん・・アンあっ・・・」
彼女は僕の肉棒に身をゆだねよがらせた。

やがて陰嚢から登る感覚が僕の脳内に達し脳が快楽を伝え射精を促すように伝達する。彼女の尻から出し入れされる僕の肉棒が早い動きで前後しているのが下を見た時に見えた。

「いくよ・・」
「うん・・ええよ」

果てた。



二人で一緒に少し目をつぶりながら・・
「昼からは・・?」
「ん・・子供の送迎・・・」
「旦那さんと冷戦か・・」

「まぁね・・」
40前の彼女の笑った顔は、実年齢を感じさせなかった。
彼女の時間は1時間しかなかったのでそそくさに二人でシャワーを浴びてホテルを出る事にした。


やがて彼女と別れた。
彼女は彼女の車へ、僕は僕の車で。
彼女とは次に会う機会はないだろう・・お互いにそんな感じがした。
恋人でもないオンナ。

そんなオンナと身体を重ねる。

オンナって怖いね。
オンナってそんな生き物だな。
オンナってスケベだな。

所詮メスか。










そんなオンナに溺れるオトコだけど。
僕は瀬戸内海を見る海岸線を走らせた。
あ・・(続き)

マエの話へ
write: 京都南部オトナ系日記■■2006.3.12■■
つながり >1 >2 ...つながり >1 >2 ...日記QRコード
完全つながりアイテム
確実に女をオトす法則
確実に女をオトす法則 (書籍/雑誌)
   コメント 
  

   トラックバック 
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています